WEB完結で借りる方法を具体的にご説明します

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

プロミスもおすすめ!30日間無利息サービスが利用できるWEB申し込みはこちら↓
プロミス
女性に安心のプロミスレディースのWEB申し込みはこちら↓

利息0円が選べるレイクのWEB申し込みはこちら↓

ここ最近、便利なキャッシング方法として注目されているのが『WEB完結』。
この借り入れ方法は、その名の通り、『キャッシング会社のカード』を発行することなく、申し込みから借り入れまでの全ての手順をスマホやパソコンを使い、WEB上で終わらせる事ができる方法です。

大手銀行である、みずほ銀行カードローンは、低金利の銀行カードローンでありながら、このWEB完結のサービスを取り入れていることで注目されています。

そこで本サイトでは、みずほ銀行カードローンでWEB完結を利用して借り入れを行う方法について、ご案内します。

みずほ銀行の普通預金口座が必須です

まずWEB完結の前に、みずほ銀行カードローンを利用するためには、みずほ銀行の普通預金口座を持っていなければならないという条件があることを知っておくべきでしょう。

もしもみずほ銀行の口座をお持ちであれば、WEB完結でのカードローンのお申し込みはスムーズに行うことができます。
そして、もし希望の限度額が200万円以内であれば『本人確認書類』や『収入証明書』といった書類の提出も必要ありません。

ですが、みずほ銀行の口座をお持ちでない方は、まずはみずほ銀行の口座を開設することが、みずほ銀行カードローンの利用の第一歩となります。口座をお持ちでない方の借り入れ方法については、下の方で紹介していきます。

WEB完結の利用方法(みずほ銀行の口座を持っている場合)

【1】WEB上で申し込みを行います

WEB完結のサービスを利用しようと思ったら、まずはスマホやパソコンから、みずほ銀行カードローンのページへアクセスし、『みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ』というボタンをクリックしましょう。
みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるためには、この申し込みの早さがカギとなります。

注意点!・・・
みずほ銀行カードローンの『審査対応時間』は具体的には明らかにしていないようですが、17時を過ぎると審査が行われるのは翌営業日へと持ち越されるようなので、出来るだけ早く申し込みを行うことが、即日融資を行うポイントです。

申し込みはフォームへの入力によって行い、送信が完了することで、保証会社による審査が行われます。

【2】メールで審査結果が知らされます

審査が終わると、その結果がメールで送られてきます。そして審査に無事通過した場合は、審査結果の連絡の後に、個別に『必要書類登録用URL』がメールで届きます。
これは利用限度額を『200万円以上』に希望した方に向けたもので、この登録URLから本人確認書類(免許証、パスポートなど)と収入証明書を撮影したもの(もしくはスキャンしたもの)をアップロードします。
この際の必要書類については、本ページ下部にも記載されていますので、ぜひご参考ください。

限度額200万円以下なら必要書類のアップロードは不要

もし『みずほダイレクト』を利用されている方や、通帳をお持ちの方であれば、本人確認書類を含む、必要書類のアップロードは不要となります。
みずほ銀行のWEB完結を利用する方の中には、審査時間を短縮するために、あえて限度額を200万円以下にして申し込む方もいるようです。

【3】契約が終われば、銀行のカードで借り入れができます

限度額が200万円以下なら上記の書類の審査はありませんが、契約のための書類のチェックが終われば、その日の間に契約完了の連絡が来ます。

WEB完結申し込みを利用する場合は、専用のローンカードを発行するのではなく、今持っているキャッシュカードにカードローンの機能をプラスする事になります。
その為、今持っているカードを利用してみずほ銀行ATM、そして提携しているコンビニのATMなどで即日の借り入れを行うことができます。

以上がWEB完結での借り入れの方法です。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

みずほ銀行の口座を持っていない場合の借り入れ方法

次に、みずほ銀行の口座を持っていない方の借り入れ方法について紹介します。
みずほ銀行の口座を持っていない方については、カードローンを利用するために『口座の開設』を行う必要があります。
しかし口座の開設をネットで申し込むと、2~3週間掛かってしまう為、急ぎで借りたいという方には不向きな借り入れ方法となってしまいます。
しかし平日であれば、早い時間にみずほ銀行の受付窓口に足を運ぶことによって、即日での口座開設が可能となります。

カードローンの申し込み自体は、先回りしてネット上で行っておき、審査を行っている間に銀行へと行き、口座開設の手続きを行うことによってロスを無くし、最短で即日融資も可能となります。
では、借り入れまでの順序について紹介していきます。

【1】ネットで申し込みを行います

「借りたい」と思った時点でスマホやパソコンからみずほ銀行カードローンのページへアクセスし、まず申し込みを先に済ませておきましょう。みずほ銀行カードローンのトップページより、『みずほ銀行口座をお持ちでない方はコチラ』というボタンをクリックします。

口座を開設する借り入れ方法の場合は、カードが届くまでには1~2週間掛かってしまうため、即日で借りたいという場合は、銀行の受付が終了する平日の『15時』までに全ての手続きを終え、受付窓口で口座に振り込んでもらった『融資金』を引き出してもらう必要があります。

その為、審査や手続きの時間などを考えると、極力早い時間にネットで申し込みを行っておくのが望ましいです。

申し込みはフォームへの入力によって行い、送信が完了することで、みずほ銀行カードローンの保証会社による審査が行われます。

【2】お近くのみずほ銀行の受付窓口へと向かいます

申し込みが終わったら、審査結果を待つのではなく、口座を開設するために、急いでお近くのみずほ銀行へと向かいましょう。

ポイント:みずほ銀行の口座をお持ちでない方の場合

⇒ みずほ銀行カードローンの申し込みをしたら、審査中にみずほ銀行の窓口で口座開設を進めることで時間的に効率よく進められる!
※全ての手続きを終え15時までに融資金を振り込んで貰うことで、即日融資が出来ます。

口座を開設させるためには『本人確認書類』と『印鑑』が必要となりますので、必ず持参してください。
また、申し込み以外のカードローンの手続きも銀行内で行うことになりますので、その際にも『本人確認書類』は必要となります。

本人確認書類として有効なのは、以下からいずれか一点です。

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. パスポート(写真およびご住所のページ)
  4. 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  5. 印鑑証明書
  6. 在留カード
  7. 特別永住者証明書

収入証明書類について
また『200万円を超える限度額』を希望の方は、以下の収入証明書類も、いずれか一点が必要となります。

  1. 源泉徴収票
  2. 住民税決定通知書または課税証明書
  3. 納税証明書(その1・その2)
  4. 資金使途を証明するもの

受付窓口まで着いたら、事情を説明して口座の開設を依頼します。
その際に、窓口で即日融資を希望しているという旨を伝える事で、審査結果を電話で伝えてもらえるようになります。
先に口座の開設が完了したら、窓口で通帳を受け取って、銀行内か、銀行の近くで待機をして、審査結果を待ちましょう。

そして審査結果の連絡が来て、無事通過したら、すぐに窓口へと向かい、上記の必要書類の照会を行うことによって、カードローンの契約が完了となります。
『カードローンの契約』と『口座の開設』の両方が完了することによって、借り入れの準備が整ってきましたが、口座に振り込んでもらうためには次に説明する『みずほダイレクト』に登録する必要があります。

【3】みずほダイレクトに登録し、口座に融資金を振り込んでもらいます

振り込みキャッシングの依頼は『みずほダイレクト』というサービスを利用することによって行えます。

みずほダイレクトは店頭窓口でも申し込みが可能ですし、スマホやパソコンを使ってアプリを利用する、もしくはホームページの『かんたん残高照会』ボタンを押して初回登録を行い、かんたん残高照会のログイン画面のメインメニューから『みずほダイレクト新規申込』ボタンを選択し、画面の指示通りに必要事項を入力することによっても手続きを完結できます。

このみずほダイレクトの手続きを完了することによって、先ほど作成したみずほ銀行の口座に融資金を振り込んでもらう事が可能となります。

【4】受付窓口で通帳と印鑑を用いて、口座のお金を引き出してもらいます

【3】で、遂に口座に融資金が振り込まれましたが、カードの受け取りは後日郵送となるため、この時点ではATMを使った引き出しは不可能です。
ですが、先ほど発行してもらった『通帳』と、持ってきた印鑑を手に受付窓口まで行くことにより、銀行の営業時間内であれば、その場で口座から現金を引き出すことができます。

勿論ですが、1~2週間後にカードが郵送で送られてくることによって、カードを使ってATMでも融資金の引き出しを行うことができるようになります。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓

おわりに

みずほ銀行カードローンのWEB完結は、みずほ銀行の口座を持っている方にとっては、そのメリットを最大限に生かして借り入れができる、とても便利な方法です。
しかし、みずほ銀行の口座を持っていない方でも『ネットでの申し込み』と『受付窓口での口座開設』の2つの手続きを併行して行うことによって、ムダな時間をなくし、スピーディーな借り入れができます。

しかし、どちらの方法を取るにしても『可能な限り早い申し込み』が即日融資への決め手となります。
ネットでの申し込みを活用して、早めの対応を心掛けましょう。

みずほ銀行カードローンの申し込みはこちら↓





プロミス